電話エッチのコツ

綺麗な肌をしている

実際に顔を合わせ、体を合わせるようなセックスなら、2人向き合って黙って、ソワソワしながらもお互いの気持ちが高まっていることを感じて、最高潮に達したときにベッドへ……という流れもあるでしょう。
しかし、テレフォンセックスの場合、2人で顔を合わせることはありません。声が聞こえるだけ。だから、どんなに気持ちが高まっているとしても、黙ってソワソワしているだけでは、相手には伝わりにくく、始めるタイミングもつかみにくい……要するにテレフォンセックスの場合は、モジモジと黙っているのではなく、しっかりと想っていることを口にすることが大事なのです。特に女性というのは何にせよ、そういう場面ではリードされるのを好みます。恥ずかしがらずに言ってみましょう、「しよう」と。
とはいえ、電話がつながった瞬間にいきなり「しよう!」と声をかけてしまうのも考えものです。顔と体を合わせる場面ではいきなり始めるというのも、ひとつのやり方ではありますが、やはりテレフォンセックスの場合はどちらかと言えば徐々に気持ちが高まってから、ということになるようです。なので、はじめは当たりさわりのないところから会話をスタートして徐々にシモ方面へ話題を振っていって、そこから「しよう」と言ったほうが、効果的です。ノッてきたな、スイッチが入ったなと思ってから、始めるようにしましょう。
というわけで、テレフォンセックスのコツは2つ。物おじせずしたいことをちゃんと伝えること。最初はジェントルマンな感じで始めること。